編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

「Evernote」だから簡単にできる--どんな情報も逃さず取り込む

池田園子

2019-11-27 07:30

 ふっと思いついたアイデアや企画のヒントなどを、皆さんはどんなツールに書き込んでいるだろうか。紙のノートに記録?それともスマホのメモ帳アプリに残している?あるいは「Evernote」に書き込んでいる?

 どんな方法であれ、自分に合ったやり方であればいい。ただ、皆さんに知っておいてほしい、私がおすすめしたい方法がある。

 それは専用メールアドレス宛にメールを転送し、Evernoteアカウントに直接保存するというものだ。1日最大200通まで送ることができる。無料版では使えない、「Evernote プレミアム」と「Evernote Business」限定の機能ではあるが、1カ月無料で体験できるため、ぜひ試してみてほしい。

 今回はEvernoteで簡単にできる情報取り込み術をご紹介する(スクリーンショットはEvernote Businessの画面)。

自分専用のEvernote転送用メールアドレスを手に入れる

 Evernote転送用メールアドレスは、ユーザごとに個別のアドレスが与えられている。「username.5199b42@m.evernote.com」のような形式だ。

 自分の転送用メールアドレスを確認するには、「アカウント設定」→「アカウント概要」へ進む。「メールの転送先」にある「@m.evernote.com」ドメインのアドレスが、自分専用のものとなる。

アカウント概要

 こちらがEvernoteにメールを転送して保存するためのアドレスだ。試しにEvernoteアカウントに登録したメールアドレスから、Evernote 転送用メールアドレス宛にメールを転送してみた。

Evernote 転送用メールアドレス宛にメールを転送

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]