IBMの「Cloud Annotations」に自動ラベリングツール

Liam Tung (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2020-02-03 12:08

 IBMが、オブジェクト検出モデルを訓練する際に必要となる、動画内のオブジェクトのラベル付け作業を容易にする無料の自動ラベリングツールを公開している。この新機能は、人工知能(AI)を活用してラベル付け処理を支援する。

 IBMはこの自動ラベリングツールによって、開発者が時間を短縮したり、労力を削減したりできるよう支援しようとしている。IBMによると、物体認識モデルが特定のオブジェクトを検出するようになるには、手作業でラベル付けされたイメージのサンプルが200〜500必要になるという。

 自動ラベリングツールによって、この種のモデルを構築している開発者は、動画中のオブジェクトにラベル付けをする作業ではなく、より関心の高い、価値ある作業に時間を割けるようになる。ラベル付けは必須だが、退屈で骨の折れる作業だ。

 このツールは、オープンソースのイメージアノテーションツール「Cloud Annotations」の一部となっている。

 IBMのデベロッパーアドボケートNicholas Bourdakos氏は、「自動ラベリングによってプロセスのスピードアップが図られ、開発者は他の革新的なプロジェクトに取り組むための貴重な時間を取り戻せる」と述べた。

 他の大手各社もラベル付けの課題に対応しようとしている。Microsoftは「Visual Object Tagging Tool」という、動画内のオブジェクトをラベル付けするオープンソースツールをリリースしている。Amazon Web Services(AWS)も12月、「Amazon Rekognition Custom Labels」を発表した。

 Bourdakos氏によると、IBMの自動ラベリングツールは「初期ベータ」の段階だが、自動ラベリングを用いたプロジェクトのモデル化に利用することができるという。

 このツールは現在GitHubで公開されており、IBMのCloud Annotationsツールに動画をアップロードすることで利用可能となっている。

 Bourdakos氏は、2人の男性がサムアップとサムダウンを見せているデモ動画を投稿し、自動ラベリング機能がどのように動作するのかを示している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]