編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

マイクロソフト、ウイルス対策の「Defender ATP」をiOSとAndroid向けに提供へ

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2020-02-21 08:22

 Microsoftは米国時間2月20日、同社のウイルス対策ソフトウェア「Defender Advanced Threat Protection(Defender ATP)」を、Appleの「iOS」やGoogleの「Android」を搭載するスマートフォンなどのデバイスに提供する計画を明らかにした。

鍵のイメージ
提供:James Martin/CNET

 Defender ATPは、「Windows」と「macOS」向けに既に提供されている。Microsoftによると、予防的な保護、侵害後の検出、自動化された調査と対応といった機能を提供するという。

 モバイル機器について、MicrosoftのコーポレートバイスプレジデントであるRob Lefferts氏はCNBCに対し、企業はマルウェアやフィッシング攻撃などから従業員を保護するのにDefender ATPを利用できると述べた。さらに、AppleやGoogleのアプリストアは「かなり安全性が高い」が、「そうしたプラットフォーム上でもマルウェアは発生する」とも語った。

 MicrosoftがDefender ATPを具体的にいつiOSとAndroid向けにリリースするかは不明だが、CNBCは2020年内と報じている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]