編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら
新型コロナウイルス関連

グーグル、「Chrome」「Chrome OS」のアップデートを一時停止

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 長谷睦 (ガリレオ)

2020-03-19 11:20

 Googleは米国時間3月18日、ウェブブラウザー「Chrome」のアップデートを一時停止すると発表した。新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)が影響しているとみられる。

Chrome
提供:Stephen Shankland/CNET

 「現時点で作業スケジュールに変更が生じているため、Chromeと『Chrome OS』の次回のリリースを一時中止している」と、Chromeチームはブログへの投稿で述べた。現在のChrome(バージョン80)を含む、セキュリティ関連のアップデートは今後も優先して提供していくとしている。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)はさまざまな企業を直撃しており、特にウイルスの拡散を遅らせるための封じ込め施策に影響を受けている、配送や製造工場などのリソースが不可欠な業種に大きな影響が出ている。Googleの今回の発表は、コンピューターさえあれば成り立つ仕事をしている人たちにも影響している可能性があることを示している。休校措置や在宅勤務で、多くの仕事をオンラインで行っている職にも影響が及んでいるためだ。

 Chromeは最も広く使用されているブラウザーで、分析会社のStatCounter調べでは、ブラウザーのシェアは約64%を占めている。Googleは通常、6週間ごとに新バージョンをリリースしてバグの修正と新機能の導入を行っている。

 Googleはセキュリティアップデートを優先するとしており、セキュリティについては一時中止の措置を取らないとみられるため、Chrome開発の遅延が一般ユーザーに影響することはほとんどないと考えられる。だが、多くのブラウザーが、GoogleのChromeのオープンソース基盤「Chromium」に依存しているため、別の影響が出てくるかもしれない。

 Microsoftの新しい「Edge」のほか、「Brave」「Samsung Browser」「Vivaldi」「Opera」などがChromiumをベースとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]