編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら
新型コロナウイルス関連

「Google I/O」は完全に中止に--オンライン開催もなし

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2020-03-23 08:00

 Googleは米国時間3月20日、2020年の年次開発者会議「Google I/O」をどのような形式でも開催しないと発表した。Google I/Oは、同社にとって1年で最大のイベントだ。3月に入り、現地開催を中止すると発表していた。政府や企業、コミュニティーの指導者らは、新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めるための対策を一層強化している。

Google I/O
提供:James Martin/CNET

 Google I/Oは、カリフォルニア州マウンテンビューにあるGoogleのグローバル本社から徒歩圏のショアライン・アンフィシアターで5月12~14日に開催予定だった。Googleは現地開催の中止を発表した際、カンファレンスを「進化させる他の方法を模索する」としていた。ライブ配信や衛星中継を検討しているとみられていた。

 Googleは20日、Google I/Oを完全に中止すると発表した。中止の判断は、サンフランシスコベイエリアで発令されている屋内退避指令に従ったものだとしている。住民は、必要不可欠な場合を除いて外出を控えるよう求められている。カリフォルニア州のGavin Newsom知事は19日、全州民に対し、追って通知があるまで自宅待機を義務付けた。

 Googleは、「現時点でわれわれすべてにできる最も重要なことは、われわれ皆が直面する新たな課題を乗り越えられるよう人々を支援することに全力を注ぐことだ」とし、「コミュニティーの安全、情報、つながりを維持するために、今後もできる限りのことをしていく」と述べている

 先週には、年次カンファレンス「Google Cloud Next '20:Digital Connect」の延期も発表された。Googleは3月初旬、このカンファレンスをデジタルのみのイベントとして開催するとしていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]