編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
PDF Report at ZDNet

自動運転の環境整備が進む、レベル3とは

PDF Report@ZDNet

2020-04-13 07:30

 道路交通法が改正され、基準となる「自動運転レベル3」の実現に向けて、準備が整ってきた。日本政府は2020年に自動運転を実用化するという目標を掲げている。

 米国のSAE Internationalという非営利団体が策定した自動運転のレベルは、1~5の段階が設定されている。レベル0は人間の運転者がすべてを行う、レベル1は車両が時々運転を支援する、レベル2は車両がいくつかの運転を実施し、人間は監視および残りの運転を実施する、レベル3は緊急時の運転手の操作など一定条件化での自動運転機能。さらに、レベル4は一定条件下で運転手の操作がない自動運転機能、レベル5は完全自動運転機能と定められている。

 現状はまだまだ安全が確保されているとはいえない。米国では、テスラのハンズフリー機能を利用する運転手が死亡事故につながったケースがある。

 日本では、本田技研工業が2020年の夏を目途にレベル3の自動車を発売する予定としている。日産自動車は市街地で走行できる技術の実用化を2020年以降に見込むという。

 いよいよ現実になりつつある自動運転について、普及に向けた課題などについて触れた記事を集めた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]