編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

クラウドワークス、ウェブ会議刷新--全社ミーティングの拠点増加に対応

藤代格 (編集部)

2020-04-21 07:15

 クラウドソーシング大手クラウドワークス(渋谷区、従業員数161人)が、ウェブ会議サービス「U ミーティング」、オンライセミナーサービス「Uセミナー」を導入。リモートワークや複数拠点に対応する、高画質な全社ミーティング中継を可能にしたという。4月20日、サービスを提供するサイバーリンク(港区)が発表した。

 クラウドワークスは、働き方改革の一環で2019年7月からフルフレックス、フルリモートワークを推進。社内の共通理解のため週次で実施していた全社ミーティングの参加メンバーが増え、中継機器、ソフトウェアなどの設定が複雑化していたという。

 多人数、多拠点への高画質、低遅延、安定した中継を複雑な設定不要で配信可能。スマートフォンから視聴できるほか、録画であとからも視聴できるとしている。

 U ミーティングは、Windows、Mac、iOS、Androidに対応。ブラウザからのゲスト参加も可能。ミーティング録画、レーザーポインター、画面共有、ホワイトボードといった機能を搭載している。

 U セミナーは、ライブ、録画配信に対応。PowerPointのスライド、パソコン画面、ウェブカメラを切り替えながら配信できる。PC、スマートフォンから視聴でき、音声で質問できるという。

  いずれも、25人まで参加できる無料プラン「Basic」のほか、法人向けプランを用意している。例えばU ミーティングは、50人まで参加できる「Pro 50」が税別月額利用料4000円、最小5アカウントから。U セミナーは、100人まで参加できる「Pro 100」が月額3000円から。

 2つのサービスは、初期費用やサーバーなどの管理、専門知識不要で活用できるという「U ビジネスコミュニケーションサービス」にラインアップされている。そのほかのラインアップとして、2つのサービスと連携できるメッセンジャー「U メッセンジャー」、拡張現実(AR)技術を活用した顔画像のメイク、背景ぼかしなどができるプライバシー保護プラグイン「PerfectCam」などがある。2019年6月から最新版となるVer.5.3を提供している。

U ミーティング活用イメージ(出典:サイバーリンク)
U ミーティング活用イメージ(出典:サイバーリンク)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]