編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アシスト、Oracle Databaseなどの障害でワンプッシュ対応を開始

ZDNet Japan Staff

2020-05-12 13:53

 アシストは5月12日、システム障害時の初動調査にすぐ着手する「超サポダッシュボタン」サービスで、新たにOracle DatabaseとQlikに対応することを発表した。既にJP1(V9以降)およびWebFOCUS(V8.2.0.1)に対応している。

 超サポダッシュボタンは、システム担当者が障害発生の検知時にコンソール上のボタンを押すことで、管理対象製品のサーバーから初動調査に必要なログを自動収集し、同時にアシストのサポートセンターへ連絡する。通常は初動調査に着手するまで1製品当たり平均22~23時間を要するといい、同サービスでは、これがほぼゼロになるという。

 新たに対応するのは、Oracle Database 11g以降(Oracle Database Appliance、Real Application Clusters、Oracle Exadata Database Machineを含む)と、Qlik Sense V3.0以降となる。

イメージ(出典:アシスト)
イメージ(出典:アシスト)

 料金は基本サービスが年間24万円(超サポダッシュボタンのサーバー1台と管理対象サーバー10台まで)。管理対象サーバーが11台以上の場合は、追加10サーバー当たり同12万円で、別途導入設定作業費(20万円から)が必要になる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]