編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
調査

仮想ビジネスツールや自動化への投資、CFOの約60%が増加を計画--デロイト調査

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-05-18 11:13

 Deloitteの調査によると、最高財務責任者(CFO)の約60%が向こう12カ月間で仮想環境での作業やプロセスの自動化に向けたIT支出を増やす計画だという。

Deloitteの調査結果
提供:Deloitte

 米国企業の166人のCFOを対象としたこの調査の結果は、リモートワークによって不動産コストの削減と生産性の維持が可能になるため、そうした勤務形態を維持する可能性もあるとする多数の企業幹部の声とも見合ったものになっている。また、PwCがCFOを対象として実施した調査でも、リモートワークの永続化に目を向ける企業幹部が増えているとの結果が示されている。

 リモートワークでの作業が増えるなか、「Microsoft Teams」や「Zoom」「Google Meet」の利用が急増している。

 Deloitteの調査でも、いかに多くの企業が過渡期にあるかが示されている。CFOの60%近くは、自社の業務が2020年中に「通常に近いレベル」にまで戻ることはないと回答している。

 こうした回答は業界によって異なっている。例えば、小売業/卸売業では悲観的な見方が多い。業務が通常に近いレベルに戻るのはいつかという質問に対して、2021年の第2四半期以降になると回答した割合は、同業界が47%だった一方、製造業界は42%だった。

 なお、CFOの3分の2は、向こう1年で自社のワークフォースの変動幅が現在の規模の10%以下に収まると予測している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]