編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

マイクロソフト、医療業界向け「Cloud for Healthcare」発表

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)

2020-05-20 10:56

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、人々の暮らしや働き方を一変させている。病院では、患者への対応手段を変える必要があり、患者と医師の安全を確保するためにビデオ通話技術などの利用を拡大している。Microsoftは、同社の技術でさらに支援できるとしている。

Microsoft
提供:Getty Images

 Microsoftは米国時間5月19日、開発者会議「Build」で、医療分野向けの「Microsoft Cloud for Healthcare」を発表した。現在パブリックプレビューを公開しており、6カ月の無料トライアルとして利用可能になっている。Microsoft Cloud for Healthcareは、同社初の業界別クラウドサービスとなる。「Dynamics 365 Marketing」「Dynamics 365 Customer Service」、そして「Azure IoT」の機能を活用できるよう開発されている。

 Microsoft Cloud for Healthcareは、「Teams」の新しい予約アプリなどの機能をサポートし、オンライン診療のスケジュールや管理、対応に活用できるようになっている。

 Microsoftはこれまでに一部の病院と協力して、医療従事者らに技術を提供してきた。セントルーク大学ヘルスネットワーク(SLUHN)などで、医師がビデオ通話を利用して患者をリモートで診察しているという。

Seeing a doctor through a computer screen
提供:Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]