編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

TIS、自社の統合型マーケティング基盤に3メニュー追加

NO BUDGET

2020-06-09 18:43

 TISは、自社の「データ統合・利活用プラットフォームサービス」に、新メニューとして「オープンデータパターン分析」「マーケティングAI」「名寄せ/データクレンジング」を追加した。

 データ統合・利活用プラットフォームサービスは、企業のデジタルマーケティング強化を支援する同社のソリューション群「TIS MARKETING CANVAS」の中核サービス。オンライン・オフライン・スマートフォンなど、多様化・複雑化する顧客接点で発生する行動データと、社内に散在するデータを顧客軸で統合・分析し、顧客体験を高度化するという。

データ統合・利活用プラットフォームサービスの利用イメージ(出典:TIS)
データ統合・利活用プラットフォームサービスの利用イメージ(出典:TIS)

 企業のデジタルマーケティングでは、CookieやIPアドレスの利用制限、パーソナルデータの適正な取り扱いを求める意識が拡大する中で、スマホを中心に急速に変化している消費者行動把握と施策実施後の検証方法の確立が求められている。また、データの取り扱いや分析を行う人材が不足していることも課題になっている。これらの課題解決に向けて、今回新メニューが追加された。

 オープンデータパターン分析は、ネット上の膨大なオープンデータをシグナル形式に変換・蓄積し、シグナル同士のパターンを独自の人工知能(AI)アルゴリズムで抽出する分析サービス。人間では推測できない斬新な顧客セグメントを導き出すことができるといい、分析にはCookie・IPアドレスを利用しないため、個人情報保護法やGDPR(EU一般データ保護規則)にも準拠する。

 マーケティングAIは、高度な統計スキルとAIを活用してマーケティング精度を向上させるデータ分析サービス。特に将来予測に強く、ユーザーごとの離脱や購買確率などの予測が可能になるという。

 名寄せ/データクレンジングは、形式の異なるデータ整形を効率的に行い、素早く統合・活用可能な形に整備するサービス。既存データのばらつき状況を事前診断することで、現状の正しい理解とスムーズなデータクレンジングが可能になるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]