鹿島建設、人材管理SaaSで人材育成の戦略的基盤を構築

NO BUDGET

2020-07-29 18:45

 鹿島建設は、VUCA時代に必要となる俊敏性を備えた戦略的な人材管理・育成の実施を目的に、オラクルの人材管理SaaS「Oracle Cloud HCM」 の「Oracle Learning」を採用した。

 Oracle Learningは、研修管理、Eラーニング、動画共有などを行え、標準搭載されたSNSを活用したソーシャルラーニング機能により、社員同士の自主的な学習を促進するソリューション。VUCAとはVolatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字で、社会経済環境が極めて予測困難な状況に直面していることを表している。

 同社では、会社が主導する従来型のキャリア開発にとどまらず、社員一人ひとりが自ら主体的に能力・スキルを向上させる仕組みの構築と、将来展望を踏まえた人材育成が必要と認識している。こうしたことを背景に、2020年6月に一部稼働を開始した「Oracle Talent Management」により、約1万人の社員のキャリアに関する情報を一元管理するとともに、将来のキャリア目標を登録・活用することが可能になった。さらに新たにOracle Learningを採用し、Oracle Talent Managementと連携・活用していく。

 同社では、社員研修の実施に当たっては、人事担当者が一人ひとりに案内を送り、受講歴を取りまとめるなど、事務作業に多くの時間を要していたが、Oracle Learningの採用により、集合/オンライン研修を統合的に管理できるようになった。人事担当者が研修コンテンツの充実など、本来的な人材開発業務に注力することが可能となり、Oracle Talent Managementに蓄積しているキャリア志望や目標などのデータと研修受講歴がひも付けられ、社員一人ひとりに最適な研修を効率的に推奨することが可能となった。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]