編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

NSAによる大規模な通話記録の収集は「違法」--裁判所が判断

Corinne Reichert Laura Hautala (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)

2020-09-03 13:37

 米連邦控訴裁判所は米国時間9月2日、米国家安全保障局(NSA)が米国民の通話記録を大規模に収集していた活動について、違法だとする判断を示した。この活動は誰が誰に電話をかけたかという通話記録を電話事業者から収集していたもので、現在はすでに終了している。控訴裁でこの件を担当した裁判官らは、この大規模な収集活動について、監視を行う根拠となる法のもとで議会が認めた範囲を超えていたとの見解を示し、さらに米国憲法に違反していた可能性もあるとした。

 この収集活動は2013年、NSAの元契約社員Edward Snowden氏からリーク文書を受け取ったジャーナリストらが明らかにしたもの

Edward Snowden氏
Edward Snowden氏
提供:Terry Collins/CNET

 Snowden氏は2日、「7年前、私が真実を語ったことで罪に問われるとのニュースが流れた時には、裁判所がNSAの活動を違法だと非難し、それを暴露した私の功績を同じ裁定の中で認めるのを、一生のうちに目にするとは想像したこともなかった。それでも、その日は来たのだ」とツイートした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]