編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

マイクロソフト、「Edge Tools for VS Code」拡張機能リリース

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-10-06 13:55

 Microsoftは、「Visual Studio Code」(VS Code)向け拡張機能「Microsoft Edge Tools for VS Code」の一般提供(GA)を開始した。開発者は、同社の人気の高いクロスプラットフォームのコードエディターに、「Microsoft Edge」の開発ツールを統合できるようになる。

Read Along by Google

提供:Microsoft

 この新しい拡張機能により、開発者はVS Code内からEdgeの「Elements」や「Network」のツールを使用して、サイトのスタイル、レイアウト、CSSの問題を修正できる。

 EdgeのツールをVS Codeに取り入れることで、開発者が開発とデバッグの作業を行き来する際に、エディターとブラウザーを切り替えなくてすむようになる。

 Microsoftによると、この新しい拡張機能には、開発者のワークフローをシンプルにするための変更が複数取り入れられている。このバージョンで、デバッグのためにEdgeインスタンスを起動できる方法を変更したとMicrosoftは説明している。ユーザーは、既存のブラウザーインスタンスに接続したり、新しいインスタンスを起動したりできるほか、「ヘッドレス」ブラウザーを利用できるという。

 Microsoft Edgeチームは、「エディターとブラウザーを絶えず切り替えていると、ワークフローに終日、認知負荷が加わる。開発モードからデバッグモードへと、2つの環境を行き来することになり、切り替える必要があるからだ」と説明した。

 ユーザーは、新しいブラウザーをヘッドレスにするかどうか、設定で選ぶことができる。ヘッドレスモードの場合、ブラウザーは別のウィンドウとして開かずに、エディターの左パネルに表示される。

 またEdge Tools for VS Codeには、Networkタブもある。Microsoftは以前、「Edge DevTools」のNetworkペインをVS Codeに統合するために、スタンドアロンの拡張機能をリリースした。しかし現在は、Networkペインをデフォルトで無効にしており、同社はこの設定についてフィードバックを求めている。

 この新しいEdge向け開発ツール拡張機能は、「Visual Studio Marketplace」で提供されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]