編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

Twilio、カスタマーデータプラットフォームのSegmentを買収へ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-10-13 12:29

 Twilioは米国時間10月12日、カスタマーデータプラットフォーム(CDP)のSegmentをおよそ32億ドル(約3400億円)の株式交換で買収する契約を締結したと発表した。SegmentはCDP市場で、企業が顧客データを統合し、エクスペリエンスを向上できるよう支援するソフトウェアを手がけている。

Twilio+Segment

 Twilioはこの買収により、自社のエンゲージメントクラウドのインテリジェンスを強化する計画だ。通常はマーケティングのほか、アナリティクスや製品、顧客サービスなどで用いられるデータ駆動型アプローチを適用することで、あらゆるタッチポイントでエンドツーエンドの顧客エクスペリエンスの向上を図れるようになるとTwilioは述べた

 Segmentのプラットフォームを、Twilioのクラウドコミュニケーションサービスにデータを取り込む手段として利用し、企業が顧客をより良く理解して、効率的にエンゲージメントを高められるようにする狙いがあるようだ。

 Twilioの最高経営責任者(CEO)Jeff Lawson氏は、「データのサイロは優れた顧客体験を損なう」とし、「Segment(のテクノロジー)によって、開発者や企業はこれらのサイロを壊し、顧客に関する情報の全体像を把握できるようになる。Twilioの『Customer Engagement Platform』と組み合わせ、われわれはよりパーソナライズされた、タイムリーな、インパクトのあるエンゲージメントを顧客サービス、マーケティング、アナリティクス、プロダクトとセールス全体で生み出すことができる」と述べた。

 さらにこの買収は大局的な観点から見た場合、コンタクトセンター市場での展開を推し進め、レガシーなベンダーを追い落とすというTwilioの戦略とも合致している。Twilioは同社のコールセンタープラットフォーム「Twilio Flex」によって、コールセンターにおけるAPIを充実させ、企業におけるカスタマイズ性のさらなる向上を支援しようとしている。

 買収完了後、SegmentはTwilio内の事業部門となり、Segmentの共同創業者で最高経営責任者(CEO)のPeter Reinhardt氏はLawson氏の直属となる。買収はTwilioの2020会計年度第4四半期に完了する見通しだ。Twilioは今回の買収によって成長を加速させることで、有効市場(TAM)の総額が790億ドル(約8兆3200億円)にまで増加すると見込んでいる。

Twilio+Segment

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  2. 運用管理

    日本企業のDX推進に立ちはだかる「データ利活用」の壁─壁を乗り越えるための5つのステージを知る

  3. セキュリティ

    支払った身代金の平均額は約17万米ドル、復元できた割合は65% - ランサムウェア被害の現実

  4. ビジネスアプリケーション

    DXを妨げる3つの障壁を解消、内製化アプローチとIT基盤構築でDXを実現するベストプラクティス

  5. セキュリティ

    専門家 1264人への調査結果が示す、ランサムウェア攻撃による深刻な被害コストの実態

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]