編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

グーグルの「Workspace」、「Office」との連携を強化する複数の新機能

Mary Jo Foley (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)

2020-12-14 16:41

 Googleは米国時間12月10日、「Google Workspace」(旧称「G Suite」)に、複数の「Microsoft Office」連携機能を加えたと発表した。その中でも最大の目玉は、「Gmail」に添付されたMicrosoft Officeのファイルを直接開いて編集できる機能だ。

Google Workspace イメージ
提供:Google

 Googleは「Microsoft Excel」から「Googleスプレッドシート」にマクロを移植できるようにする新たなアドオン「Macro Converter」も発表した。

 このほかの追加機能として、「Googleドキュメント」は縦向きと横向きのページが混在するドキュメントに対応した。これにより、縦横が混在する「Microsoft Word」ファイルの編集にも対応。また、テキストの背後に画像を挿入し、透かしを入れる機能も、2021年に実装するという。

 Googleは2019年4月、Googleドキュメント、Googleスプレッドシート、「Googleスライド」にMicrosoft Officeファイルのネイティブサポートを追加している

 Google Workspaceを統括するバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーを務めるのは、Microsoftの幹部だったJavier Soltero氏だ。GoogleはGoogle Workplaceを、社内の同僚や外部のパートナーと協業する必要のあるリモートワーカーや現場の作業者、企業に対して訴求力のあるサービスに位置づけようと取り組んでいる。これはMicrosoftによる「Microsoft 365」や「Office 365」の位置づけとよく似ている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]