編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」
IT企業の年頭所感

国内ナンバーワンの5Gネットワーク構築へ--ソフトバンク・宮内CEO

ZDNet Japan Staff

2021-01-07 07:00

 2021年に向けたIT企業のトップメッセージや年頭所感を紹介する。

ソフトバンク 代表取締役 社長執行役員 兼 CEO(最高経営責任者) 宮内謙氏

 明けましておめでとうございます。

 2020年は新型コロナウイルス感染症の影響によって、社会全体が大きな変化を迫られた年でしたが、われわれにとっても事業環境が大きく変化した1年でした。

 ソフトバンクは、このような状況の中でも安定して事業を継続するとともに、変化に対応して成長を実現しました。10年以上前から進めてきた業務のデジタル化や、働き方改革の推進といった取り組みによって、スムーズにリモートワークへ移行し、円滑に事業を進めながら約7割の社員の在宅勤務を実現しています。ショップなどの営業現場では感染拡大防止のためにオンラインでのスマホ教室開催などさまざまな工夫を行い、法人営業においては対面による営業活動が制限される中で徹底的なオンライン化を進めた結果、顧客とのコンタクト数が約5倍になるなど、通信事業者としての強みを最大限に生かしたデジタルシフトによって成果を出してきました。また2021年から本社を竹芝へ移転し、最先端テクノロジーを活用したスマートビルで、ニューノーマル(新常態)時代に対応する新たなワークスタイルの確立を目指します。

 ニューノーマル時代にはあらゆる業界でデジタル化が急速に進むことになりますが、その推進には5G(第5世代移動通信システム)が必要不可欠です。5Gにおいてソフトバンクは、これから5年間で約20万の基地局を整備して早期にエリアの拡大などを進め、国内ナンバーワンの5Gネットワークの構築を目指します。さらに、6Gも含めた次世代ネットワークの構築に向けて今後10年間で2.2兆円の投資を行い、あらゆるモノがつながる世界を見据えたネットワークの構築に取り組みます。

 また、2021年3月には子会社であるZホールディングスとLINEの経営統合を予定しており、われわれはグループとしても大きな飛躍を遂げる年になります。まず通信領域では、「SoftBank on LINE」をコンセプトとする新たなオンライン専用ブランドを立ち上げます。大容量ブランドの「ソフトバンク」、小中容量ブランドの「ワイモバイル」、そしてオンライン専用ブランド――。携帯電話事業は3つの自社ブランドで多様化するお客さまのニーズにお応えしていきます。そして、経営統合後の新生Zホールディングスを筆頭にこれまで以上にグループの力を結集し、「Beyond Carrier」戦略のさらなる推進に向けて、通信に加えさまざまな領域のビジネスに挑戦していきます。

 われわれが提供する通信ネットワークやインターネットサービスは社会インフラとして重要な役割を担っており、これまでも社会への貢献を意識して事業を行ってきました。2020年はSDGs (持続可能な開発目標)の取り組み推進に向けて、「SDGs推進委員会」を設置するとともに、「全てのモノ、情報、心がつながる世の中を」をコンセプトに6つのマテリアリティー(重要課題)を特定しました。5G/IoT/AI(人工知能)などのテクノロジーを活用してこれらのマテリアリティーを解決していくことは、われわれが長期的な成長を遂げるためにも必要なことです。2021年はこれらの取り組みをさらに推進し、持続的成長の実現を目指していきます。

 通信事業を基盤に最先端テクノロジーを活用してあらゆる産業や社会の課題の解決に正面から取り組み、経営理念である「情報革命で人々を幸せに」の実現に向けてまい進することで、社会へ貢献していきます。

 今年もソフトバンクをよろしくお願い申し上げます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]