ソフトバンクと日本通運、IT新会社の設立で事業開始

ZDNet Japan Staff

2020-10-15 15:05

 ソフトバンクと日本通運は10月14日、物流業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する合弁新会社「MeeTruck」を4月に設立し、10月14日にトラック輸送を担う物流事業者向け配車支援のクラウドサービスを開始したと発表した。

 新サービスは、事業者が受注した運送業務の案件登録やトラックの割り当て、勤務計画表の作成などをウェブ上で誰でもいつでもどこでも行え、一元管理するもの。今後は受発注や実績管理などの機能を追加するという。

アプリイメージ
アプリイメージ

 また、2021年度中にも第2弾サービスで物流事業者と荷主企業のマッチングサービスを提供する。配車支援サービスのデータなどを元に、人工知能などを使って条件に合う事業者も組み合わせ効率的に見つけるとしている。

 物流業界はコロナ禍で通信販売の拡大から荷物量が急増する一方、慢性的にドライバーが不足している。また、拠点のホワイトボードに手書きで配送管理などを行っており、デジタル化が課題だった。

 MeeTruckは4月2日に設立済みで、出資比率はソフトバンクが51%、日通が49%になる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]