編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

名古屋銀行、地銀・第二地銀向け基幹系共同センターを利用開始

NO BUDGET

2021-01-06 14:32

 名古屋銀行は、NTTデータが提供する地方銀行・第二地方銀行向け基幹系共同センター「STELLA CUBE」の利用を開始した。

 同行はSTELLA CUBEを利用することで、システムの安全性を強化するとともに、基幹系システムを共同化することで、システム運用の負荷軽減やコスト削減が可能となる。またSTELLA CUBEと組み合わせ、勘定系端末ソフト「BeSTAlinc」、個人向けインターネットバンキング「AnserParaSOL」も活用する。これにより、営業店の専用端末の削減による店舗軽量化や、多様化する顧客ニーズに沿った商品・サービスを迅速かつ安定的に提供することが可能となるという。

 STELLA CUBEは、NTTデータの次世代バンキングアプリケーションである「BeSTA」(Banking application engine for STandard Architecture)を使用した地方銀行・第二地方銀行向け共同利用型センターで、2011年10月からサービス提供して安定運用している。

 BeSTAはベンダーを特定しないNTTデータの標準バンキングアプリケーション。BeSTAlincは、BeSTAと連携して営業店における窓口業務や事務をサポートする勘定系端末ソフトで、タブレットやシンクライアント、汎用PCを含めたさまざまな端末に対応し、多様な機能を継続的に提供している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]