編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

NTTデータ、政府向けのコミュニティークラウドサービスを開始

NO BUDGET

2021-01-05 14:16

 NTTデータは、政府向けのコミュニティークラウドサービス「OpenCanvas for Government」を2月から提供すると発表した。同サービスは、金融機関に求められる高い信頼性とセキュリティ対策を施したNTTデータのクラウドプラットフォーム「OpenCanvas」をベースとしている。

OpenCanvas for Governmentの位置づけ
OpenCanvas for Governmentの位置づけ

 OpenCanvas for Governmentは、公共機関でさまざまな民間のクラウドサービスをシームレスかつ安全、安心に活用する「Digital Community Platform」における基盤のラインアップに位置付けられ、Digital Community Platformと組み合わせても利用できる。特徴として「ベストミックスクラウド」「つながるクラウド」「統合管理クラウド」などが挙げられている。

 ベストミックスクラウドは、コストを抑えつつ、高い俊敏性や拡張性と高い信頼性、可用性をバランスよく組み合わせることが可能で、ウェブサーバーやアプリケーションサーバーなどの俊敏性や拡張性が重視される「System of Engage(SoE)」領域と、データベースサーバーやファイルサーバーなど高信頼、高可用性が重視される「System of Record(SoR)」領域の構内接続に対応する。

 つながるクラウドでは、Amazon Web ServicesやMicrosoft Azure、他社クラウドを自在に組み合わせたマルチクラウド環境に対応し、政府の構想するAPIにも対応予定だ。全国の銀行ネットワークとの接続、銀行系APIを予め用意し、初期投資をすることなく、官民連携による事業の拡大に活用可能となっている。

 統合管理クラウドでは、先進技術を活用し運用の標準化、共用化にも対応していく。ユーザーの要件に応じて、料金を抑えつつ、同社がこれまで培った運用ノウハウと高度な運用技術を組み合わせた最適なマネジメントサービスを提供する。

 その他の特徴としては、要件を満たす機器などの持ち込みや、OSおよびミドルウェアへのパッチ適用タイミングなどについて柔軟に対応可能な「寄り添うクラウド」、災害リスクに備え、環境にも配慮した国内限定のデータセンターを活用し、政府情報システムに求められる高い透明性と安全性、省庁固有の特殊要件に対応可能な「高信頼、高可用性クラウド」が挙げられている。

 今後は、同サービス上で行政機関と金融機関の連携によるキャッシュレスサービスをはじめとした新たなデジタルサービスの提供を予定している。また、「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」(ISMAP)にも対応予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]