編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

アドビ、「Flash Player」サポート終了でFlashコンテンツのブロック開始

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-01-13 12:08

 Adobeが「Flash」コンテンツのブロックを開始し、「Flash Player」のアンインストールを促す警告を表示するようになった。

 1990年代から2000年代初頭にかけて繁栄し、「iPad」が登場してから2010年代を何とか乗り切ったFlashとFlash Playerのサポートが正式に終了した。2020年12月にFlashの最後のアップデートをリリースした際に、AdobeはFlashコンテンツの実行のブロックを米国時間2021年1月12日から開始するとしていた。

 最終アップデートの数カ月前に、AdobeはFlashがブラウザーのプラグイン内で実行されないようにするコードを追加している。つまり、この最終アップデートをインストールしなくても、Flashコンテンツは機能しなくなる。

 まだFlashコンテンツを使用している世界のウェブサイトの約2%で警告が表示される。Appleの共同創業者Steve Jobs氏が、FlashはiPadと「iPhone」に適さないと2010年に宣言した頃、Flashは世界のウェブサイトの約3分の1で使用されていた。

 AdobeはFlash Playerのサポート終了ページで、「Adobeは2021年1月12日以降、Flash PlayerでのFlashコンテンツの実行をブロックする。システムを保護するため、Flash Playerを直ちにアンインストールすることを全てのユーザーに強く推奨する」としている。AdobeがFlashのアンインストールをユーザーに促しているのは、Flash Playerのアップデートやセキュリティパッチが今後提供されなくなるためだ。

 Microsoftは全てのバージョンの「Windows 10」を対象に、「Adobe Flash Playerを削除するための更新プログラム」を2021年初頭にリリースする予定だ。このアップデートは2020年10月から「Windows Update Catalog」で任意の更新プログラムとして提供されているが、数カ月以内に「Windows Update」と「WSUS」を通して、より広範なリリースが開始される。この更新プログラムにより、「Windows」デバイスのコンポーネントとしてのAdobe Flash Playerが恒久的に削除される。

 Microsoftは、この更新プログラムがWindows UpdateおよびWSUSを通してリリースされた数カ月後に、インストールの推奨を開始する予定だ。この更新プログラムはインストールするとアンインストールできない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]