編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

光洋ショップ‐プラスと富士通、生体認証を使った一般向けレジなし店舗を実証実験

NO BUDGET

2021-01-15 15:18

 光洋ショップ‐プラス(光洋)と富士通は、一般消費者向けでは日本初となる、生体認証技術による本人確認を行うレジなし店舗の実証実験を1月15日から開始する。実施場所は光洋が運営するコンビニエンスストア「グリーンリーブスプラス横浜テクノタワーホテル店」で、4月1日から同店舗での本運用を開始する予定だ。

実施店舗「グリーンリーブスプラス横浜テクノタワーホテル店」
実施店舗「グリーンリーブスプラス横浜テクノタワーホテル店」

 実証では、支払い時における購入者と店員との接触防止による新型コロナウイルス感染症対策への効果、レジなし店舗において品ぞろえの最適化やレジ待ちストレスの解消による顧客満足度の高い購買空間の提供について検証する。検証用のシステムは、富士通が光洋向けに構築したレジレスシステムで、レジレスソリューション「Zippin」とマルチ生体認証を活用している。

 来店客は事前にスマートフォンアプリ「GreenLeaves+アプリ」をダウンロードしクレジットカードの情報を登録した後、アプリに表示されたQRコードで入店する。入店後は、店内に設置されたカメラや重量センサーなどのIoTとクラウド上のAI(人工知能)を組み合わせることにより来店客の動きや購入商品を判別する。来店客はそのまま退店することで自動的に決済が完了し、スマートフォンに送られる電子レシートで購入履歴を確認できる。

 さらに、手のひら静脈と顔情報のみで本人を特定できるマルチ生体認証技術を活用し、手のひら静脈と顔の情報をスマートフォンアプリとひも付けて事前に登録することで、スマートフォンを使用することなく手ぶらでの入店が可能になる。

 光洋は、500を超える病院内でコンビニエンスストアやレストランなどを運営している。昨今では、新型コロナウイルス感染症の拡大により非対面や非接触へのニーズが高まっており、購入者と店員双方の安全性確保が課題となっている。

 同社では今後、2024年までの3年間で、病院職員向け店舗およびマイクロマーケット(オフィスや駅構内などの狭小スペース、小商圏)などで、高い売り場効率が期待できる店舗を中心に30店舗以上へのレジレスシステムの導入を計画している。またレジレスソリューションの本運用を開始する4月1日以降も、マルチ生体認証は実証実験を継続する。マルチ生体認証の本運用については12月までの導入を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]