富士通、サーバーとストレージなどをサブスクリプション化

ZDNet Japan Staff

2020-12-24 11:02

 富士通は12月24日、サーバー製品の「PRIMERGY」「PRIMEQUEST」とストレージ製品の「ETERNUS」、運用の「プレフィックス型運用サービス」をサブスクリプション型サービスで提供すると発表した。同社の「FUJITSU Hybrid IT Service」のラインアップに追加し、2020年度第4四半期からはオンラインショップ「FUJITSU Marketplace」でも購入できるようにする。

 利用料は月額の固定費用と従量課金を組み合わせた金額になり、従量課金は、PRIMERGYでは電源を投入した台数単位、PRIMEQUESTでは利用パーティション数単位、ETERNUSでは容量となる。同社では、利用量に応じたリソースやコスト最適化を図れるとする。

サブスクリプション型で提供する主な製品・サービス
サブスクリプション型で提供する主な製品・サービス

 プレフィックス型運用サービスは、ITインフラの運用で78項目を標準化し、それぞれ仕様や価格を明示することに加え、78項目を「Premium」「Enterprise」「Basic」「Lite」に分類してメニュー化する。必要に応じて追加、削除、変更ができる。

「プレフィックス型運用サービス」のメニュー
「プレフィックス型運用サービス」のメニュー

 FUJITSU Marketplaceでは、FUJITSU Hybrid IT Serviceとして提供済みメニューを含め、各サービスをウェブ上で購入手続きできる。同社は、合わせて各サービスを組み合わせたハイブリッドなIT環境の導入を訴求していくという。FUJITSU Hybrid IT Serviceのサービス群全体で2022年度に1兆円の売り上げを見込んでいる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]