編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

ウェブ版「Word」文書を「PowerPoint」プレゼンテーションに変換する機能、Office Insiderに

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)

2021-02-26 12:42

 Microsoftは、ウェブ版「Word」のユーザーがテキストベースのドキュメントを、デザインのテーマを適用し、「PowerPoint」プレゼンテーションに変換できる新機能「Transform」を「Office Insider」を対象にリリースしている。

 Word文書をPowerPointプレゼンテーションに変換するには、ウェブ版Wordのメニューオプションで、「File」(ファイル)>「Transform」(変換)>「Transform to PowerPoint presentation」(PowerPointプレゼンテーションに変換)とクリックする。Wordファイルを開いておく必要がある。

 Transformを選択したら、プレゼンテーションのデザインのテーマを選択する。そして「Open presentation」をクリックし、ウェブ版PowerPointで結果を確認する。作成されたPowerPointスライドは、ユーザーの「OneDrive」フォルダーに保存される。

 Transformの機能は現在、テスター向けのOffice Insiderプログラムの参加者のみが利用可能で、多くの制限もある。完全に使えるようになれば、ドキュメントの要約されたセクションを基にPowerPointプレゼンテーションを作成できるという。さらに、人工知能(AI)を利用して画像、アイコン、動画、テーマ、フォントを追加する。

 この機能を試す際には、大部分がテキストのWordドキュメントを開き、Transformをクリックして、視覚的なプレゼンテーションを作成するためにAIがどのような提案をしてくれるかを確認するようMicrosoftは勧めている。

 Transformは現時点で英語のみに対応している。「Internet Explorer」やAppleの「Safari」ブラウザーでは利用できない。

 PowerPointチームのプログラムマネージャーMohit Anand氏は、次のように説明している。「対応するのはテキストコンテンツからプレゼンテーションへの変換だけであり、他のメディアコンテンツは現時点でサポートしていない。Wordドキュメントを変換した後、手持ちのメディアをプレゼンテーションに追加できる」

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]