NTT Com、「Smart Data Platform」のメニュー体系を刷新

NO BUDGET

2021-02-26 17:25

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、デジタル変革(DX)を推進するためのプラットフォームサービス「Smart Data Platform」(SDPF)のメニュー体系を刷新し、データの利用/活用に有効なサービス群をラインアップした。それに合わせ、ポータルサイトの導線などユーザーインターフェースを見直し、サービスの利便性を向上させている。

 SDPFは、データの利用や活用に必要な収集・蓄積・管理分析における全ての機能を情報通信インフラも含めて統合的に提供し、データ活用によるDXの実現を加速させるプラットフォーム。

「SDPF」のメニュー体系イメージ
「SDPF」のメニュー体系イメージ
ポータルサイトでのメニュー検索イメージ
ポータルサイトでのメニュー検索イメージ
 今回、ラインアップの対象となるサービスは「Enterprise Cloud 2.0」「Flexible InterConnect」「Super OCN Flexible Connect」「Distributed Secure Internet Gateway」「IoT Connect Mobile Type S」「Professional Support Services」の6つで順次拡大していく予定だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]