編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

NEC、AIで未整理データを自動分類する仕分けサービスを提供

NO BUDGET

2021-03-03 14:19

 NECは、企業が持つ大量の未整理データと分類したいカテゴリー情報を使って、AI(人工知能)が自動的にデータを仕分けする「データ自動仕分けサービス」の提供を開始した。

データ自動仕分けサービス利用のステップ
データ自動仕分けサービス利用のステップ
データ自動仕分けサービスの画面イメージ
データ自動仕分けサービスの画面イメージ

 このサービスはクラウドサービスとして提供される。同社独自の機械学習アルゴリズム「データ意味理解技術」を活用しており、「仕分け対象データ」と分類したいカテゴリーである「仕分け先データ」、正解の見本となる学習用「教師データ」をウェブブラウザーを通じてアップロードするだけで、自動で分類を行い簡単なデータ仕分け作業が可能となる。NEC社内の検証では、商品マスターの整備において20時間かけていたデータ分離作業を同等品質を保ちながら25分に短縮した。

 「データ意味理解技術」を活用することにより、表データの行や列が持つ意味を高精度に予測できる。AIによりデータ仕分けの作業を自動化することで、データ分析の頻度向上や鮮度の高いデータの活用が実現でき、迅速にマーケティング施策、商品開発へのフィードバックが可能となる。また特別な知識やスキルがなくても簡単に分類作業が行えるため、データ分類作業を標準化でき、属人化を防止することにもつながるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]