編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

資生堂、ITファイナンス管理基盤を導入--戦略的なIT投資を強化

NO BUDGET

2021-03-24 15:27

 資生堂は、Technology Business Management(TBM)を実現するSaaS「Apptio」を導入した。これにより、ビジネス成長のためのIT戦略投資を合理的な判断で迅速に行っていく。

 同社は、デジタル領域を含むテクノロジー投資を拡大しながら、その一方で構造改革やプロセス、システムの標準化をグローバルレベルで実施し、生産性の向上を目指している。

 そうした背景の下、経営戦略と連動したグローバルレベルでの精緻なIT予算と実績の管理、およびServiceNow(ITBM及びITSM)との連携も含め、グループ全体におけるITプロジェクトや運用保守管理の標準化・統一化を推進している。

 TBMは2007年にApptioの創業者であるSunny Gupta氏が提唱したメソドロジー。ITリソースから事業部門のニーズまでを統合的にマネジメントする手法で、テクノロジーの経営資源(ヒト・モノ・カネ)と投資ニーズを統合的にマネジメントし、ITの価値最大化を実践するものになる。

 今後はApptioでのIT予算策定、実績管理・分析を前提とした管理プロセスに変更し、IT予算全体におけるベースライン(システム保守・運用費)を明確化していく。

 ベースラインを前提にIT戦略投資計画を策定するとともにIT領域の一連の予実管理プロセスの再構築を行い、管理精度の向上を図っていく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]