編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

Slack、社外の人とDM可能に--「嫌がらせ」懸念の指摘で仕様修正も

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)

2021-03-25 12:29

 社内向けのインスタントメッセージサービスを手がけるSlackが、社外の人とメッセージをやり取りできる機能を追加した。この「Slackコネクト」のダイレクトメッセージ(DM)は、パートナー企業やクライアントとの連携を想定した機能で、2020年10月に導入が発表されていた。

Slack
提供:Angela Lang/CNET

 有料プランのユーザーは、米国時間3月24日からこの新機能を利用できる。利用するには、やり取りする相手のメールアドレスが必要になる。SlackコネクトのDMを利用するには、新しいメッセージの作成画面の「送信先」フィールドに相手のメールアドレスを入力し、招待を送る。

 「パートナーがメールの招待を承認すると、そのパートナーがDMの宛先リストに自動で表示され、Slack内でメッセージを送信できるようになる。無料プランの利用者を含め、現在Slackを利用しているすべてのユーザーが対象だ」と、同社は説明している。

 ただし、この機能のリリースは完全にスムーズと言えるものではなかった。Slackは24日、メール招待機能が悪質なメッセージや嫌がらせのメッセージの送信に使われるおそれがあるとの指摘を受け、早くもメール招待プロセスに変更を加えた。この変更は、招待のメッセージを変更できないようにするもの。この件はThe Vergeがいち早く報じていた

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]