編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

Excelのデータ引用範囲が拡大--「Microsoft 365」更新動向【2104版】

阿久津良和

2021-05-07 07:15

 Microsoftが米国時間4月29日に更新した、Microsoft 365 Apps各プラットフォームに対する変更内容をまとめる。リリースノートによれば、バージョン2104(ビルド 13929.20296)に更新したWindowsデスクトップ版は、ExcelがWolfram Researchが提供する各種データの公式サポートを行った。

 本誌読者であれば「Mathematica(マスマティカ)」を開発したWolfram Researchと紹介した方が分かりやすいだろう。同社はMicrosoftと提携関係にあり、2009年にはBing.com経由で各種データベースの検索をサポートしている。

 Excelは以前から株式や地理といったデータの引用を可能にしていたが、今回のバージョンからはWolfram Researchが提供する「解剖学」「動物」「科学」「都市」「場所」「医療」「映画」「食べ物」「地形」「人物」「植物」「宇宙」「大学」「ヨガ」といったデータ引用に対応した。

 あらかじめ関連する単語をセルに入力し、引用するデータの種類を選択することでデータ挿入が可能になる。データはすべて英語だが、数値であれば多様なシーンで利用できるだろう。

 Microsoft Teamsはオンライン会議の内容や進行状況に合わせて、レイアウトを自動的に切り替える「Dynamic View(動的ビュー)」と、不在時にチャットメッセージを返信する機能を追加した。

 Dynamic Viewはパブリックプレビュー機能(ユーザーアイコンをクリックすると現れるメニューから、「情報」→「パブリックプレビュー」と順に選択)を有効にすることで4月下旬から利用可能だった。ただし、登壇者と共有スライドを切り替える機能が見当たらず、筆者個人としては不便に感じることも。後者は組織外への自動応答や、自動応答する期間や時間を指定できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]