編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
PDF Report at ZDNet

AIによる需要予測や自動発注システム--小売り大手が続々導入へ

PDF Report@ZDNet

2021-05-11 07:00

 作業服大手のワークマンが、人工知能(AI)を活用した商品の発注システムを導入する。約10万品目の発注業務を自動化する新システムを構築し、3月から2店舗に先行導入して稼働を開始しているという。

 従来型の小売りの現場では、売れた分だけ発注する仕組みとなっており、在庫が蓄積しやすかった。あるいは、過去3カ月の販売実績などをもとに発注量を自動算出するような仕組みを導入している場合も、季節の変わり目の需要変化に対応しにくく、過剰在庫による損失や在庫不足による販売機会の喪失などのデメリットがあった。

 ワークマンは、日立製作所のAI基盤を活用し、過去の販売実績などに加え、独自のロジックなどを追加することで、より精度の高い予測を可能にする。

 この他に伊藤忠商事が食品卸大手向けにAI型需要予測、発注最適化ソリューションを導入する。スーパーマーケットのライフと日本ユニシス、西友なども相次いでAIによる需要予測や発注の仕組みを導入している。

 サプライチェーンマネジメント(供給網管理)の予測系アプリケーションにおいても、AIを活用した新たな仕組みが実用段階に入ってきている。関連する記事を集めた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]