編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

企業向けアップルデバイス管理のJamf、ゼロトラストセキュリティのWanderaを買収へ

Tiernan Ray (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-05-12 12:44

 Apple製品のサポートサービスを法人向けに提供するJamfは米国時間5月11日、「ゼロトラスト」セキュリティに向けたクラウドベースのソフトウェアを提供するWanderaを買収する契約を締結したと発表した。カリフォルニア州サンフランシスコを拠点とする創業9年の新興企業だ。Jamfは、コンシューマーが望むものと、企業が求めるものとの間の「ギャップを埋める」としている。Jamfはミネソタ州ミネアポリスを拠点としている。

 JamfはWanderaを4億ドル(約440億円)で買収する。3億5000万ドル(約380億円)を事前に支払い、2021年中に5000万ドル(約54億円)を2回に分けて追加で支払う予定だ。

 Jamfの最高経営責任者(CEO)Dean Hager氏は声明で、Wanderaの買収によって、「すべてのモバイルワーカーに対してゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)をもたらしつつ、Appleのデバイスすべてを横断して配備や、アプリケーションのライフサイクル管理(ALM)、ポリシー、フィルタリング、セキュリティといった機能を取り扱う単一ソースのプラットフォームをわれわれの顧客に提供できるようになる」とコメントした。

 またHager氏は、同日に発表された2021会計年度第1四半期の業績について、同社が「モバイルワークや教育関連テクノロジー、デジタルヘルスといった分野の現在のトレンドによって、引き続き顧客に提供できる価値と、当社の業務実績が強固なものとなっており、第1四半期は事業全体で力強い勢いとバランスの取れた成長を見せた」とコメントした。

 同氏は「2021年は素晴らしいスタートを切っている。Wanderaの戦略的買収によって、ZTNAといった先進的なセキュリティソリューションを含む、独自の包括的プラットフォームで、セキュリティ分野でのリーダーとしての地位を盤石なものにしていく」と述べた。

 「Appleのデバイス、データ、ユーザーをつなぎ、管理し、保護するAppleファーストのエンタープライズソリューションを提供する当社のサービスを強化できることを光栄に思っている」(Hager氏)

 第1四半期の売上高は、前年同期比34%増の8120万ドルで、アナリストの予想を上回った。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]