日本ユニシスとファッション・コ・ラボ、OMOコマース事業基盤の提供で協業

NO BUDGET

2021-05-18 14:15

 日本ユニシスはワールドグループのファッション・コ・ラボと、OMO(オンラインとオフラインの融合)コマース事業で協業を開始したと発表した。具体的には、小売/通販事業者向けの事業基盤システムを提供する。

 ファッション・コ・ラボは、アパレル業界を中心にEC(電子商取引)/OMOソリューション「Omni-Base」を提供している。今回の協業で日本ユニシスは、ワールドが知的財産権を持つOmni-Baseのライセンス提供を受け、同ソリューションに独自の機能を追加し、「Omni-Base for DIGITAL'ATELIER(オムニベース フォー デジタラトリエ)」として、SaaS(Software as a Service)型で広く提供する。

 また、ファッション・コ・ラボが得意とする業務支援(サイト制作や物流業務など)を併せて提供することで、企業のOMOやデジタル化をシステムと業務の両面で支援する。第一号の顧客として、大手ファッション小売企業へのサービス提供が決定しており、2022年春の稼動を目指して適用作業を行っている。

 Omni-Base for DIGITAL'ATELIERは、10億~1000億円規模の事業をサポートする基盤システム。随時、新機能を追加できるため、顧客企業は必要な機能を選択して利用することが可能。SaaSならではの素早い導入ができ、数百億円規模の事業でも1年前後でリリースが可能だという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]