編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

アイフルグループ3社、「kintone」をベースに営業支援システムを構築

NO BUDGET

2021-06-16 11:45

 ライフカード、アイフルギャランティー、AGミライバライのアイフルグループ3社は、法人営業活動標準化による業務効率化と収益向上を目的に、営業支援システムを構築した。

 同システムは、サイボウズの業務改善プラットフォーム「kintone」をベースにしたもので、アジャイル開発により約2カ月で導入・運用を開始した。構築はJBCCが担当した。今後の内製化支援もJBCCが担当する。kintoneは、金融機関が情報システムを構築する際の安全基準「FISC安全対策基準」に準拠している。

 新しい営業支援システムは、営業プロセスを整理・可視化し、これまで営業部署や担当者自身で行っていたExcelなどによる個別の情報・案件管理を各社で統一された管理体系に移行するのに利用する。稼動後は法人営業活動上の顧客・案件情報がクラウド上で社内共有され、営業担当者がテレワークや外出先からも必要なアクションをタイムリーに行えるようになる。また、営業管理者側は案件進行の適切なタイミングで必要なサポートが可能となる。

 システム機能追加の内製化は、kintoneの利便性を生かしていく。アイフルグループのメンバーが開発工程に参画し、kintoneアプリの開発手法とスキルを習得した。これによりユーザー自身でkintoneアプリの改修や新規開発を実施していく。

 同システムはクラウドシステム基盤上に構築されているので、適用業務範囲の拡大やグループ会社への展開にも対応可能だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]