編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

「日本は遅れている」DXの重要性を認識するCFO--CIOの「緊急性の欠如が不満」 - (page 2)

阿久津良和

2021-07-30 07:15

 DXへの取り組みを肯定的に見る割合は69%(米国67%、グローバル71%)。懸念と捉える割合は22%(米国18%、グローバル15%)と、諸外国と比較して懸念だと捉える割合が高い。

 IT予算の支出増の要因を尋ねると、国内外のCFOはDXが5割弱を占めるが、現状継続コストを理由した割合は23%(米国7%、グローバル10%)。CIOから追加投資が必要なDX提案を受けた際に見直しを求める割合は19%(米国26%、グローバル22%)。

 興味深いのが、CIOとの関係悪化要因を聞いていることだ。国内CFOは「計画では十分なROIが証明されなかった(日本33%、グローバル31%)」「緊急性の欠如が不満(日本33%、グローバル28%)」といった意見が上位に入る。

 一方でグローバルの調査結果を見ると、「CIOはセキュリティやコンプライアンス、リスクなどの問題に関する専門知識が不足していた(33%、日本25%)」「コスト削減手段の特定に柔軟性がない(32%、日本17%)」といった意見が目立った。

 国内とグローバルのCFOに意識差が生じている結果について、脇阪氏は「情報の少なさが1つ。世の中には素晴らしい技術が生まれているが、大半が英語圏から始まり、日本に(情報が)入ってこない」と、最新情報を得ることが国内では容易ではないと指摘した。

国内調査結果のハイライト 国内調査結果のハイライト
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]