日程調整ツールで効率化--顧客自身の設定でアポ調整を迅速化

藤代格 (編集部)

2021-08-17 07:15

 「Instagram」などを活用したマーケティングツールを開発、提供するvisumo(渋谷区)は、「調整アポ」を社内外の日程調整に活用。オンライン商談機会を増やし、調整業務を効率化しているという。8月16日、サービスを提供するRECEPTIONIST(渋谷区)が発表した。

 visumoでは、上長が同席する商談が多く、社外の日程調整前に内部のスケジュール確認が発生。1件に10分、1日3件ほどを設定するため、1週間で150分ほどが必要だったという。ダブルブッキング、仮予定の管理漏れなども課題だったとしている。

 調整アポは、複数人数を調整でき、「Zoom」などのウェブ会議URLを自動発行可能。「Microsoft Outlook」やSalesforceといった社内で活用するツールとも連携でき、問い合わせからのリード情報を直接反映できるという。

 導入時には、セールス、サポート、カスタマーサクセスといったエンジニア以外が所属するビジネスチーム全員での会議時にレクチャーを実施。ユーザーインターフェース(UI)がわかりやすく、スムーズに移行できたという。

サイトに表示する予約ボタン(出典:RECEPTIONIST) サイトに表示する予約ボタン(出典:RECEPTIONIST)
※クリックすると拡大画像が見られます

 パートナーやクライアントとの商談、採用に関する面談、面接のほか、説明会の申込みなどにも活用しているという。

 サイトに相談会の予約ボタンを表示したり、展示会などのアフターフォローメールに予約URLを添付したりできるとしている。

活用イメージ(出典:RECEPTIONIST) 活用イメージ(出典:RECEPTIONIST)
※クリックすると拡大画像が見られます

 調整アポ経由で月100件ほどのアポイントメントを取得。1.5倍に増加した担当もいるという。

 興味がある顧客自身がアポイントメントを設定できるため、直近の予定が埋まりやすくなったと説明。温度感の高いうちに商談ができるようになり、日程調整業務を効率化したとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]