IBM、新たなSASEサービス発表--ゼロトラストセキュリティ強化へ

Charlie Osborne (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2021-08-26 12:00

 IBMは米国時間8月25日、企業におけるゼロトラストセキュリティのアプローチ促進に向け、新たなセキュアアクセスサービスエッジ(SASE)ソリューション「IBM Security Services for SASE」を発表した。

 同社によると、この新サービスは、5月に発表していたサイバーセキュリティ企業Zscalerとの提携を通じて得られたテクノロジーを活用したものだ。

 IBMはこのサービスについて、ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を促進するとともに、「エッジ部分、すなわち組織のリソースにアクセスするユーザーやデバイスに近い部分で、クラウドで提供するセキュリティの採用を加速できるようにする」ことを目的にしていると述べている。

 このサービスは、IBMのゼロトラスト戦略に向けたベストプラクティスやSASEのブループリントを提示するほか、モダンなネットワークアーキテクチャー、SASEの管理に向けたプロセスやポリシーの生成をはじめとするZscalerの機能、「IBM Managed Security Services」のサポートなどを提供する。

 Security Services for SASEは、現在のハイブリッド化されたワークフォースや、サードパーティーによるアクセスの管理システム、合併/買収時の統合アクセス管理、クラウドベースのフレームワークに移行する上でのネットワークのアップグレード、5G、エッジ、IoTデバイスの保護などを提供する。

 IBM SecurityのゼネラルマネージャーMary O'Brien氏は、「ユーザーやアプリケーションが分散しているデジタルな世界において、ネットワークセキュリティに対する従来のアプローチはもはや通用しなくなっている。多くの組織が当面の間、ハイブリッドモデルで業務を進めていくという計画を有している中、こういった変革が今まさに、われわれの目の前で起こっている」と述べている。

 Security Services for SASEは現在、一般提供が開始されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]