コネクシオ、SAP Concurソリューションを導入--経費精算・請求書業務のデジタル比率8割へ

NO BUDGET

2021-08-30 07:00

 携帯電話の卸売・販売などを事業の柱とするコネクシオは、間接費管理基盤としてSAP Concurソリューションを採用した。コンカーが発表した。インフォマートの「BtoBプラットフォーム 請求書」も同時採用し、請求書のデジタル化を推進することで、さらなるペーパーレスと業務効率化を目指している。

 SAP Concurソリューションには、経費精算/管理クラウド「Concur Expense」、請求書管理クラウド「Concur Invoice」をはじめ、専門の担当者がシステムの運用支援と改善提案を行う「サービス・アドミニストレーション」などのアウトソーシングサービスも提供されている。

 同社は、SAP ConcurソリューションとBtoBプラットフォーム 請求書を4月に従業員5500人を対象に導入済みで、「経費精算/請求書業務のデジタル比率8割」を目標に掲げている。

 同社はSAP Concurソリューションについて、経費精算・請求書業務など、業務ごとに分断されることなく利用可能なクラウドシステムであること、分析ツール「Business Intelligence」や各種アウトソーシングサービスなど、充実した関連サービスがあることを高く評価したという。

 また単なるシステム導入ではなく、提案から導入、運用まで「業務改革」に向けた一貫したサポート体制があることや、コンカーが既存の外部サービス連携の豊富さに加え、エコシステム拡大を進める企業であり、同社の製品が国内外でデファクトスタンダードとなっていることも選定ポイントになったとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]