編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

在宅勤務をサポートするインフラ、セキュリティに自信がある企業は5社中1社

ZDNet Japan Staff

2021-09-06 11:56

 新型コロナウイルス感染症の流行により多くの企業がリモートワークを導入したが、リモートワークとオフィス勤務を組み合わせたハイブリッドワークが今後の働き方として検討されている。そのような働き方をサポートする自社のセキュリティを企業はどのように捉えているか。Sungard Availability Services(Sungard AS)が先ごろ発表した調査で明らかになった。

 北米のビジネスリーダー200人を対象とした同調査では、ハイブリッドワークについて、89%の企業が米国の祝日であるレイバーデー(9月の第1月曜日)以降で理想の働き方と考えているという。また、83%の企業がこのような勤務形態を同時期に採用する意向を持っている。

 一方で、自社のインフラストラクチャーセキュリティが長期的なリモートワークをサポートできるとの自信が十分にある企業は5社に1社(21%)しかないという結果になった。フィッシングやランサムウェア攻撃に対する自社のセキュリティ保護は大部分が仮想化された環境で適切だとの自信が非常にあるのは10人に1人に満たなかった(7.5%)。

 しかし、優れたセキュリティは、従業員が自宅での業務を遂行する上で必須ということでは回答者の大多数で意見が一致しているという。

 リモートワーカーに必要と考えられるものとしては、仕事用デバイスを安全に保つセキュリティソフトウェア(79%)、従業員が安全にファイルを共有できる使いやすいシステム(76%)、リモートワーカーの支援を専門にするITサポート(71.5%)、高速インターネット接続(60%)などが挙がっている。

 調査によると、43%のビジネスリーダーは、従業員に改善された、あるいは、より多くのテクノロジーを提供することで良好なリモートワーク環境をサポートする必要があると考えている。ほぼすべての企業(97%)は、より永続的なリモートワーク環境を考慮し、事業継続計画を調整する予定があると述べている。

 「企業は、ハイブリッドワークを常時導入することを計画しているため、適切にサポートする必要があるが、場合によっては自社のテクノロジーやセキュリティポリシーの調整が必要になる」とSungard ASでグローバルセキュリティー最高責任者を務めるShawn Burke氏は述べている。

 「今こそ、インフラストラクチャーを近代化して環境を保護し、長期的にリモートワークをする従業員をサポートする必要がある。多要素認証は必須で、高度なサイバーセキュリティトレーニングは今では当たり前になっている。柔軟な労働環境が新常態(ニューノーマル)となる中、自社のインフラストラクチャーが効果的かつ安全に稼働し続けるように構築されているかを確認する必要がある」(Burke氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]