編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

グーグルの新海底ケーブル「Grace Hopper」が英国に到達

Dashia Starr (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)

2021-09-16 10:50

 Googleにとって最新となる海底インターネットケーブルが英国に上陸した。「Grace Hopper」と呼ばれるこのケーブルは米ニューヨークと英国およびスペインを結ぶもので、その全長は3900マイル(約6280km)に及ぶ。このケーブルの片端が現地時間9月14日、英国の南部の町ビュードに到達した。もう一方の終端は、9月に入り一足早く、スペインのビルバオに到達していた。

ケーブル敷設作業
提供:James Martin/CNET

 Googleの海底ケーブルはこのGrace Hopperだけではない。6月には、米国の東海岸から南米大陸の東海岸の複数の地点を結ぶ海底インターネットケーブル「Firmina」の敷設を発表した。また7月には、イタリアのTelecom Italia Sparkleと提携して、「Blue」および「Raman」という2種類の海底ケーブルシステムを敷設することを明らかにしている。

 Grace Hopperケーブルは最大で毎秒350TBのデータを伝送し、ファイバースイッチングという技術によってサービスが停止する事態を減らすよう設計されているという。

 このケーブルの名称は、コンピューターの世界で先駆的な業績を上げたGrace Hopper氏にちなんだものだ。同氏は世界初のコンピューターコンパイラを開発したほか、米国初の電気機械式計算機「Harvard Mark I」の開発に貢献したことで知られる。さらにはコンピューターの不具合を示す「バグ」という言葉を広めたとされる人物でもある。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]