編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

農林水産省、人材管理基盤を刷新--管理業務を見直し年間21.1万時間を創出へ

NO BUDGET

2021-09-17 15:07

 Works Human Intelligence(ワークスHI)は、農林水産省が人材管理基盤に統合人事システム「COMPANY」の導入を決定したと発表した。

 同省は、人事給与、勤務時間管理、福利厚生など、広範な内部管理業務をCOMPANYに統合して運用する予定。手入力や無駄な作業の排除、業務の標準化、業務プロセスの再構築を徹底することにより、年間約21.1万時間を創出し、新たな政策価値の創造を目指す。

 また可視化したデータを活用した組織・人材の分析や人事企画を行うことにより、戦略的人事やマネジメント強化も進める。

COMPANYの画面イメージ
COMPANYの画面イメージ

 「COMPANY 人事・給与」「COMPANY Web Service」「COMPANY 就労・プロジェクト管理」「COMPANY Talent Management」を導入し、2022年1月に同省5000人の勤務時間管理を先行稼動させる。また、それ以降、稼動機能や範囲を順次拡大していき、2023年1月にはシステムを完成させ、全国2万4000人の職員が利用することになる。

 COMPANYの採用について、同製品は標準機能のメニューが豊富で、活用を予定している対象業務への網羅性が高く、ノーカスタマイズによる導入が可能なことや、導入効率化やコスト面・保守面での優位性などに期待できることが評価された。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]