IT企業の年頭所感

2022年はハイブリッドデータクラウドを促進--Cloudera・大澤社長

ZDNET Japan Staff

2022-01-17 06:35

 2022年に向けたIT企業のトップメッセージや年頭所感を紹介する。

Cloudera 社長執行役員 大澤毅氏

 Clouderaは、データから「パワーと可能性」を引き出すために存在しているという信念に基づき、これまでにない新しいデータの付加価値を生み出して社会的変化を起こす飛躍の1年になるようまい進したいと考え、さらには、「データの力によって、今日不可能なことを明日可能にできると考え、複雑なデータを明快かつ行動につながる洞察に変換できる力を提供する」という企業理念を追求し、日本社会の発展と日本企業のビジネス成功を目指すとともに、新しい社会の創造に貢献してまいりました。

 2022年では、2008年の創業以来、「第2の創業フェーズ」とも言える「Cloudera 3.0」としての、Clouderaラボ、プロダクト開発ボード、イノベーション創出フォーラム、エグゼクティブブリーフィングセンター、エコシステム連携という5つの取り組みを通して、オンプレミス、マルチパブリッククラウドの双方に対応できるハイブリッドデータクラウドのご活用促進いただくための「Cloudera Data Platform(CDP)」をはじめ、多種多様な2000社のユースケースを基に、誰もがさまざまなデータを共有、利用できる「ビッグデータのシェアリングエコノミー」実現に向け、販売パートナーさま、クラウドサービスプロバイダーさま、コンサルティング会社さま、技術パートナーさまとのエコシステム構築により、まい進してまいりたいと存じます。

 春先には、CDP SaaSソリューションならびに日本版「Cloudera Academy Program」の正式発表を予定しております。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]