インテル、2022年内の値上げを予告--インフレによる生産コストと材料費の高騰を受け

Nina Raemont (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2022-07-15 10:06

 Intel製Wi-Fiチップの生産コストは、2022年に入って上昇を続けている。同社は2022年内にマイクロプロセッサーおよび周辺チップ製品の価格を引き上げるという。Nikkei Asiaが現地時間7月14日に報じた。

Gaudi2 AIプロセッサー
提供:Intel

 Intelのプロセッサーは、DellやLenovo、HPなどのコンピューターに搭載されているため、これら各社のデバイスは生産コストがさらに上昇することになる。

 インフレによる生産コストと材料費の高騰を受け、IntelはPC用およびサーバー用CPUの価格を引き上げる。Wi-Fiをはじめとする無線接続用チップなど、他の主力製品も大幅に値上げする。広報担当者William Moss氏は米CNET宛てのメールで、これらの変更について顧客への通知を開始したと述べている。

 値上げ率はチップによって異なる見込みだが、パーセンテージで1桁台か2桁台の上昇になる製品もあり得るとNikkei Asiaは報じている。

 米国では現在、全土で急激にインフレが進み、景気後退が懸念されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]