編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

FBI、本物に見せかけた仮想通貨アプリを使った詐欺を警告

Alexandra Garrett (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高橋朋子 (ガリレオ)

2022-07-19 13:43

 サイバー犯罪者が、投資家を欺く偽の仮想通貨アプリを開発していると、米連邦捜査局(FBI)が米国時間7月18日に警告を発した。FBIのサイバー部門によると、詐欺アプリにだまされたことが判明した被害者はこれまでに244人に上り、被害総額は推定4270万ドル(約59億円)に達するという。

サイバー犯罪者のイメージ画像
提供:Miguel Candela/SOPA Images/LightRocket(Getty Images)

 FBIによると、偽の仮想通貨アプリは、正規のアプリの名称やロゴなどの情報を用いて、本物と誤認するよう仕向けている。そして仮想通貨の投資家に接触し、正規のサービスを提供していると偽ってダウンロードを促しているという。

 FBIは投資家に対して、モバイル投資アプリのダウンロードを一方的に求めるメッセージに注意し、ダウンロードする前に、そのアプリが正規のものかどうか確認するよう勧告している。

 偽の仮想通貨アプリに騙されたと思われる場合は、インターネット犯罪苦情センター(IC3)を通じてFBIに報告するか、地元のFBI支局に問い合わせることが推奨される。

 今回の警告以前にも、2021年以降、米国ではすでに4万6000人以上が仮想通貨詐欺に遭い、被害額が10億ドル(約1380億円)を超えることが明らかになっている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]