編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

Meta、うるう秒の廃止に向けて取り組み--インターネット障害の原因と指摘

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2022-07-26 13:11

 MetaのエンジニアOleg Obleukhov氏とリサーチサイエンティストのAhmad Byagowi氏は米国時間7月25日、同社のブログで、うるう秒の廃止に向けて取り組んでいることを説明した。うるう秒とは、地球の自転による時間と時計の時間の差を調整するために、不定期に追加される1秒である。

星座の座標計
提供:Vacheron Constantin

 1972年以降、うるう秒は、国際原子時(TAI)として知られる原子時計に27回追加されている。真夜中に時刻が23:59:59から0:0:0に変更されるタイミングで、23:59:60が追加で挿入される。これは、高精度な時刻管理サーバーのネットワークを拠り所にして、データベースへのデータの追加など、イベントのスケジューリングや正確な活動シーケンスの記録を行うコンピューターに、かなりの障害を引き起こしている。

 同ブログでは、この時間の微調整は、メリットよりもインターネット障害などのデメリットのほうが多いと述べられている。

 「うるう秒を調整することなくそのままTAIに従うことにしても、少なくとも2000年間は問題ないはずだと、われわれは予測している」と、Byagowi氏は、メールで述べた。「おそらくその時点では、修正を検討しなければならない可能性がある」

 うるう秒の調整をめぐって、2012年にはRedditの大規模障害が発生しMozilla、LinkedIn、Yelp、航空機予約サービスAmadeusも、関連する問題に見舞われた。2017年には、ネットワークインフラ企業Cloudflareで、うるう秒に起因する障害が発生し、同社の顧客サーバーの一部がネットワークから切断された。Cloudflareのソフトウェアは、2つの時計を比較して、時刻が1秒巻き戻されたことを算出したが、その結果に正しく対応できなかった。

 コンピューターは、カウント処理に非常に長けている。しかし、人間が導入するうるう秒などの不規則性が、その処理を妨害する可能性がある。最も悪名高い問題の1つが、2000年問題で、人間が作成したデータベースが西暦の下2ケタしか記録していなかったために、1999年から2000年になったときに計算がおかしくなる問題が発生した。これに関連する問題として、2038年には、一部のコンピューターで1970年1月1日からの秒数のカウントに使用している32ビットの数が足りなくなる問題が発生するとされている。

 また、2022年に入ってからは、一部のウェブサイトで、2ケタのバージョン番号のみを扱うようプログラムされているために、ウェブブラウザーのバージョンが100に達した時に不具合が発生した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]