編集部からのお知らせ
特集PDF1「導入期に入るマイクロサービス」
特集PDF2「DXレポート」

KDDI、モバイルオーダーに特化した無人店舗「auミニッツストア 渋谷店」をオープン

大場みのり (編集部)

2022-09-13 17:46

 KDDIは9月13日、デリバリーとテイクアウト専門の無人店舗「auミニッツストア 渋谷店」をオープンした。同店では、小売店舗や物流施設向けのソリューションを展開する企業ROMSのロボットを活用している。

auミニッツストア 渋谷店の外観
auミニッツストア 渋谷店の外観

 auミニッツストア 渋谷店では、デリバリーアプリ「menu」から注文が入ると、ロボットやセンサーが商品認識からピッキング、袋詰めまでを自動で行う仕組みとなっている。同店はKDDIの直営ショップ「au Style SHIBUYA MODI」に併設されており、バックヤードを含めて約50平方メートルという省スペースで運営する。

ロボットによる商品のピッキング
ロボットによる商品のピッキング

 KDDIは労働人口の減少や小売店舗自動化の潮流を見据え、モバイルオーダーに応える実店舗としてauミニッツストア 渋谷店をオープンした。

 同店では全ての注文がオンライン化されているため、商品の在庫状況がリアルタイムにアプリへ反映される。また、商品ケースや賞味期限をシステムで管理しているため、商品の補充や回収が必要な場合はロボットがケースを作業台まで運んでくるようになっている。

 商品の温度帯も管理し、冷蔵・常温など豊富な商品の取り扱いが可能。オープン時はローソンの飲料やデザート、コストコの食料品や日用品などデリバリー向けの人気商品を取り扱う。今後はパートナー企業の拡大も想定しており、最多で約500商品を取り扱う予定。

 同店のユーザーはmenuアプリで商品を注文し、配達員によるデリバリーかユーザー自身による店舗受け取りを選択する。利用方法は、まずアプリをダウンロードし、auミニッツストア 渋谷店を検索する。商品の注文後は、デリバリーでは配達員の配達を待ち、テイクアウトでは同店の受け取り口で注文番号を入力し、商品を受け取る。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]