日本IBM、ITインフラの保守・運用を手がけるグループ会社を統合

NO BUDGET

2022-11-02 16:39

 日本IBMは、100%出資子会社の日本アイ・ビー・エム テクニカル・ソリューション(TSOL)を、2023年2月1日付で吸収合併することを発表した。

 TSOLは、2002年4月設立で、IBM製のハードウェアやソフトウェアをはじめ、マルチベンダー環境における保守対応、複雑なITインフラストラクチャーの保守・運用支援、セキュリティ監視などのサービスを提供している。

 今回の統合で、日本IBM テクノロジー事業本部のテクノロジー・ライフサイクル・サービス事業部とセキュリティー事業部にTSOLの各分野のエンジニアが加わることになる。これにより24時間体制で対応する機動力を強化し、先進技術を活用したサービスを提供できるようになる。

 また統合後、「テクニカル支援、運用アドバイス」では、インフラストラクチャーにおけるシステム構築、保守・テクニカルサポート、最適化・チューニング、テクニカルリフレッシュ・廃棄までを統合した「テクノロジー・ライフサイクル・サービス」を提供し、顧客システムの安定稼働を支援していく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]