アップル、「iCloud」「iMessage」などのデータ保護を強化へ--3つの新機能

Bree Fowler Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2022-12-08 10:29

 Appleは米国時間12月7日、ユーザーデータのセキュリティを強化する3つの新機能を発表した。

iPhone
提供:Patrick Holland/CNET

 「iCloud」で提供する「Advanced Data Protection」機能は、クラウドに保存したデータをエンドツーエンド暗号化(E2EE)で保護し、信頼できるデバイスでしか復号できないようにするもの。既にパスワードや健康情報などのデータは暗号化されているが、この新機能により、今後はiCloudのバックアップ、メモ、写真も暗号化で保護される。これまでは、ハッカーがiCloudアカウントをハッキングして個人の写真や暗号資産を盗むことで、極めて個人的な情報にアクセスすることができていた。

Advanced Data Protection
提供:Apple

 「iMessage」の新たな「Contact Key Verification」機能は、高度な脅威にさらされているジャーナリストや人権活動家、政府関係者を対象としており、第三者がクラウドサーバーに侵入してメッセージを傍受しようとした際に自動でアラートを送信する。

Contact Key Verification
提供:Apple

 2要素認証ではセキュリティキーが使えるようになる。セキュリティキーとは、NFC技術を利用するか、端末に挿入することによって、ユーザーを認証する物理的なデバイスのことだ。この機能によって、セキュリティキーがなければ「Apple ID」にサインインできなくなり、さらなる保護階層を追加できる。

セキュリティキーによる認証画面
提供:Apple

 Advanced Data Protectionは7日、米国のApple Beta Software Programのメンバーに提供され、2022年末までに米国の全ユーザーに提供された後、2023年初頭に世界中で提供予定だ。Contact Key Verificationは2023年中、セキュリティキーは2023年初頭に提供が予定されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]