調査

PC出荷台数、2022年4Qは前年比28%減

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2023-01-12 10:19

 市場調査企業IDCが米国時間1月10日に公開した暫定調査結果によると、2022年第4四半期のPC出荷台数は、アナリストらの予測を下回り、前年同期比で28.1%減の6720万台だったという。

ノートPCの側面
提供:Josh Goldman/CNET

 PC出荷台数は、第3四半期も15%減少していた。通年では前年比15.6%減だった。

 IDCは、パンデミック下でのPC購買ブームが過ぎ去ったのは明らかだが、減少傾向が続いているにもかかわらず、通年のPC出荷台数は、パンデミック前の水準を上回っていると述べた。

 「数四半期連続で出荷台数が減少したことで、PC市場に対する悲観的な見方が広がっているのは明らかだが、それはあくまで認識の問題だ」と、IDCのWorldwide Mobility and Consumer Device Trackers担当グループバイスプレジデントを務めるRyan Reith氏は声明で述べた。「2021年のPC出荷台数は、歴史的ともいえる高水準だったため、それを基準にすると、どのような比較にも歪みが生じる」

 同社は、PC市場の近い将来について楽観的な見通しを示し、「同市場は2024年に回復する可能性があり、2023年の残りの期間を通しても、ところどころに機会は存在すると考えられる」と述べた。

 レノボは、PC市場における首位の座を維持し、出荷台数は1550万台で、市場シェアは23%だった。それでも、前年同期比では28.5%減少している。第2位のHPはそれよりもわずかに大きい29%減、第3位のDellは37.2%減だった。

 Appleはコンピューターメーカーとして唯一、同四半期をほぼ無傷で切り抜けた。「Mac」を提供する同社は、同市場第4位を獲得し、出荷台数は7500万台で前年同期比2.1%減だった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]