米司法省、ランサムウェアグループ「Hive」の解体に成功

Andrew Blok (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2023-01-27 09:18

 米司法省は米国時間1月26日、「Hive」として知られるランサムウェアグループを解体し、1億3000万ドル(約170億円)の身代金支払いを阻止したと発表した。2022年7月に同グループに潜入したことを、声明で明らかにした。

鍵穴の画像を表示したスマホ
提供:Angela Lang/CNET

 米司法省によると、Hiveは「関連組織」のネットワークを利用して、世界80カ国の病院、インフラ事業者、学区などをゆすっていたという。関連組織が機密文書を盗んだ後に、Hiveのマルウェアが被害者のコンピューターシステムを暗号化していた。関連組織は、データと復号化鍵の両方と引き換えに身代金を要求していた。

 米司法省は、現時点で攻撃を受けていた300の組織に復号化鍵を配布するとともに、同グループのこれまでの被害者に1000個の鍵を配布したと述べた。同省によると、Hiveは世界80カ国で1500以上の組織を標的にしていたという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]