さくら情報システム、環境監視システムと電流監視ユニットを導入---使用電力の測定作業を効率化

NO BUDGET

2023-03-23 14:20

 さくら情報システムは、データセンター向けの環境監視システム「GoriRack」と電流監視ユニット「RMS-CU80」を導入した。導入を支援した東京エレクトロン デバイス長崎(TED長崎)が3月22日に発表した。

 今回の導入により、さくら情報システムでは、設定したラックごとにリアルタイムな電流値を自動的に収集でき、人的な測定作業が不要になった。また、遠隔オフィスなどからGoriRack上で電源監視ができるようになり、過電流などが発生した際のブレーカーダウンを未然に防止できるようになったという。

 さらに、監視画面や結果の定期レポートは同社のニーズに合わせてカスタマイズされ、電流負荷情報がタイムリーにわかりやすく取得可能となった。

システム構成図
システム構成図

 GoriRackは、サーバラックに収納されるIT機器の動作環境をモニタリングするシステムで、温度や湿度、電源、扉、電子錠などのさまざまなセンサデータを取り込み、ウェブやSNMPでの遠隔監視ができる。

 RMS-CU80では、サーバーやネットワーク機器の電流過負荷による電源障害を未然に防ぐユニットで、既設設備の電源を遮断することなく交流電源設備にセンサーを取り付けてウェブアプリなどから遠隔監視ができる。

 同社では、顧客システムをデータセンターで預かるハウジングサービスを提供している。既設のデータセンターでは定期的に人手による電流値の測定を行い、ラックごとの電力量を管理していたが、顧客からの使用電力の問い合わせに対してはその都度、作業員が測定作業を実施するため、多くの工数がかかっていた。

 2021年のデータセンターの新設に合わせ、監視業務を自動化し、安全・安心に正確な電流値をリアルタイムで収集、可視化し、監視業務を効率化するソリューションの導入を検討。TED長崎から環境監視システムなどを活用する提案を受け、今回の導入に至ったという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]